昭和の中期、山紫水明の都であり、歴史、文化の中心である京都、堀川通りに竹岸商会(プリマハムの前身)が居を構えたのが今日の「堀川亭」の始まりです。