各季節の始まりの日の前日のことは、「季節を分ける」とのことで「節分」(せつぶん/せちぶん)と言います。日本では古来季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられ、それを追い払うための悪霊ばらい行事として家で行われています。特に「立春」は春の初日なので、一年の始まりとして非常に重要な一日だとされます。「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒き、1年間を平穏無事に過ごすような行事として定着されました。